魂の階層

【魂の階層】


人間の心には魂という核になる部分があります。
この魂には虹のような階層があります。

人間関係のなかで、たまにめちゃくちゃ気の合わない人と一緒にいるだけで、心が苦しくなり気持ち悪くなりますね。

これはその人が悪いのではなくて、自分自身とは魂の階層が違いすぎて波動が合わないからなのです。

たしかに
そんなことを気にしていたら現実社会では生きていけません。

しかし
この魂の階層を意識するのとしないのでは、人生に雲泥の差が出るのです。
階層はそのときの自分の心次第で上がったりさがったり変化します。

上辺だけ良い人を演じていても
自分の心の中がどうなのかでハッキリと分かれるのです。

したがって
自分が今、どの階層にいて
どの階層へ行きたいのかを知ることはとても大切なことですね。

じゃぁ、
自分は一体今、どの階層にいるのでしょうか?

それを確認する方法は簡単です。

自分が人と会ったり話したりした時に
楽しく心がワクワクして笑顔になり、気持ちいいと感じることができる人達を参考にします。

また、その反対は
一緒にいて心が鬱々と閉じてしまい、顔をしかめて気持ち悪く、早くその人から離れたいと思ったら、魂の階層が違うのです。

魂が清らかになると光輝き
まぶしくて一緒にいることが苦痛となります。
だから自然と自分の居心地のいい階層まで自らが下がっていくのです。

同じ階層の人達を類魂と言い
グループ(クラスメイト)なのです。

同じ階層のグループ(クラスメイト)同士で学び合い切磋琢磨して共に成長し、さらに魂のステージを上げることになります。

これはあくまでも義務でもなく強制でもなく、自分がどのステージに行きたいか?
自由なのですね。

自分自身の心を磨いて
キラキラ輝く人間となりましょうね。

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください