嘘とごまかし

【嘘とごまかし】

嘘…事実とは異なる言葉(偽り)を言う

ごまかし…本心を隠してでまかせを言う

人は嘘を言う生き物

「自分は生まれてこのかた嘘なんか言ったことない!」
と言う人はいないですね。

嘘とごまかしの使い方を間違うと
人間関係が拗れ信用をなくします。

人によく見られたいという感情は
ありとあらゆる歪みを起こします。

良くない嘘やごまかしをした時は
必ず良心の呵責が起こるのです。

嘘に嘘を重ね
ごまかしにごまかしを重ね

本当の自分に鍵をかけ仮面をかぶり
どんどん地中深く潜り込む

その世界はグレーゾーンを超え
暗黒ゾーンまで入り込んでしまうのです。

嘘をつき続けるといつの間にか
最初に感じた良心の呵責は薄れ
自分でも気づかないうちに
当たり前のようになっています。

身近な男女間でいうと嘘とごまかしは
ある意味致命的になる場合があります。

相手を傷つけないように
相手を心配させないように

そんな気持ちが嘘とごまかしになります。

たしかに
嘘やごまかしを言いたくなくても
言わざるを得ない場合もあります。
男性女性問わず
他の異性と接する時に
相手を守ろうとする。

しかし
嘘には良い嘘と悪い嘘
ごまかしには良いごまかしと悪いごまかしがあるということです。

したがって
嘘やごまかしを口にする前に
一旦、心と頭で考える習慣をつけると
人間関係のゴタゴタは少なくなりますし、自分自身も気持ちがいいですね。

争いのない幸福な人生を送るためにも
自分の心にいつも問いかける習慣って大切ですね。

Meeko



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください