振り子の原理

【 振り子の原理】

人は失敗したり
上手くいかなかったりしたら
次の行動に躊躇してしまいがちになります。

その1歩がなかなか踏み出せなくて
だんだんと心が病気になってしまいます。

一生懸命やればやるほど
楽しくなくなり
やけになり
後悔して苦しくなります。

間違ったらやり直せばいいんです。
違うなって思ったら方向を変えればいいんです。

たしかに
辛い
悔しい
もうあきらめようって思います。
ほっといてくれって言いたくなります。
死にたくなるくらい
知ってる人にも会いたくないほど
辛く苦しいです。

しかし
そうやって 経験するから
次の1歩は大きいんですね。
前回とは全然違う自分になっているのです。

それが成長!

したがって
《失敗は成功のもと》はたくさん失敗するからたくさん上手くいかないから、その分成功は大きいんですね。

失敗と思っているのは自分だけ。
行動しているから学び!

本当の失敗は行動しないってこと。

振り子の原理なのです。
揺れが小さいより
たくさん失敗して苦労して振り子が大きいほど返しが大きいのです。

ブランコで大きく後ろへ行ったら
高く高く前へ行くのです。

悩んだときは
ハイジのブランコを思い出してね。

ヾ(@^▽^@)ノ

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください