導かれる

【導かれる】

人生には必ずターニングポイントというものがあります。

人生の節目となるものですが、一般に結婚、離婚や就職、離職、出逢い、別れ、祝いなど、その時々で節目があります。

そのときに不思議なくらい何かに導かれる感じがするのも経験あることでしょう。

自分の潜在意識の中で

《こうなりたい!》

というものは、現実世界で目に見える形となって現れてきます。

人生を学びと捉えると、全ての節目がハッキリと理解できるようになってきます。

《あっ!コレでこの学びは終わったな》

《あっ!今からこの学びが始まるんだな!》

そうやって、ひとつひとつを丁寧に生きていると、あるターニングポイントが来たら
次の学びを直ぐに察知することができます。

これを違う言い方で
《導かれる》
とも言います。

何故か知らないけど足を運んでしまう
何故か知らないけどこの人に会いたくなる
何故かわからないけどこの地に行きたい
など
自分の意志とはかけ離れた何かに導かれるようになるのです。

たしかに
この《導かれる》の証明は難しいです。

しかし
皆様もご経験あるように科学では証明できないことはたくさんあるのです。

わたくし達は目に見えるものしか信じようとしませんが、目に見えないものが95%と大半で、物事はこの見えない部分を良くしていくことで現実も良くなっていきます。

したがって
《導かれる》ことを直ぐにキャッチできるようになるには、とことん自分自身の心を見つめてフォーカスすることが重要です。

人生が上手くいっていないときは、外の世界《他人や社会など》に心が向いていて、内側にフォーカスできないことが原因です。

だからわたくしはわかりやすいように鏡を見なさい!と伝えています。


この見えない部分はエネルギー《波動》《パワー》なので、より強いものを持った人と会ったり、握手やハグをしたりすると、自分自身の見えないエネルギー《波動》《パワー》は、より強くなり現実世界をより良く変えていきます。


全ては宇宙の原理原則の元にしたがって成り立つ地球生活であることを理解して生きましょうね。

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください