きれいな死に方

【きれいな死に方】

あなたはどんな死に方をしたいですか?

死んだときに自分がどういう人間だったかがよくわかります。

《あぁ〜〜!やっと死んだか!》

《清々した!》

《変な人だったよね》

お通夜も悪口のオンパレードになるのか

または

《惜しい人を亡くした!》

《いい人だったよね〜!》

《優しかったよね〜!》

《すごい人だったよねー!》

《素晴らしい人だったよねー!》

お通夜は涙し惜しまれて感謝されるのか

たしかに
人はいろんなタイプがいます。

しかし
人間としてどうあるべきかを知り
自分の人生と照らし合わせて
正しく生きることは
とても大切なことです。

ネイティブ・アメリカン
インディアンの言葉に

《あなたが生まれたとき

周りの人は笑って

あなたは泣いていたでしょう

だからあなたが死ぬときは

あなたが笑って

周りの人が泣くような人生を送りなさい》

とあります。

どこの国でも人間は皆、同じなのです。

なぜ
お釈迦様、観音様、神様、龍神、など
様々なものがあるのでしょうか?

わたくし達人間は見えない心の魂を磨き上げ
素晴らしい人となるように生きているのです。

したがって
死んだあとまで悪口を言われないような
生き方をしましょうね。

《良くなりたい!》

《変わりたい!》

邪悪なものに負けてしまう自分をイジメて痛めつける人生は良くはなりません。

自分を愛し慈しみ可愛がることの大切さ。

やりたいことを伸び伸びとやりたい!
そう願った人は
どんどん心の魂が磨かれていくのです。

人はいつどんな死に方をするかわかりません。

だからこそ
毎日毎日を大切に過ごし
愛に満ち溢れた人生となるように
自分自身が築き上げて生きましょうね。

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください