動機

【動機】

人生のなかでの物事は、全てが《動機》で決まります。

心の《動機》

例えばSNSひとつやるにしても

《俺は男だからな、やっぱやるならキレイで可愛い子と絡みたい!》

《私はモテるのよ!ほら!見なさい!》

こういう心の《動機》では
いざ、何かやりたい!と思っていても
ことを成すことは難しいのです。

人間の心の魂は階層【ステージ 】があって、ステージが低くく、汚れた心の魂は清らかな人達のいる仲間にはなれません。

それがいいとか悪いとかではなく、その人自身が居心地がいいステージを選ぶからです。

俗にお金持ちと言われる人はあまりコンビニには行きません。

便利ではありますが、スーパーより割高だと知っているからです。

だからレジのお金はお金持ちでない人のお金が回っているのと同じで、一見良い言葉や行動をしているように見えても、心の《動機》が悪いと、おのずと結果も良くはならないのです。

では、物事を始めるのには一体どうすれば良いのでしょうか?

それは、心の《動機》を正しくして、大我の心でスタートすることが大切です。

歴代の戦国武将から学ぶとそれがよくわかります。

戦いの時代において「勝つ!!」ということは最も重要であり、リーダーとなる人には特徴があります。

⚫より公の為に生きている

⚫命をかけている

⚫絶対に「勝つ!」という信念

⚫恐れを見せない

⚫神仏で誓いをたてる

上記のように心の《動機》が自己中心的ではなく大我、つまり為に生きる精神のもとに生きて、神仏で誓いをたてることを重要としていることです。

戦国武将も第二次世界大戦時の人々も、自分より公の為に命をかけています。

事始めは決意の祈願をし、のちに御礼参りを習慣としているのです。

たしかに
一般のわたくし達にはスケールが大きすぎて圧倒されます。

しかし
日常生活において心の《動機》を正していくことは非常に大切なことです。

したがって
自分の人生を振り返り、うまくいったとき、いかなかったときを悔い改め今の自分自身をしっかりと内観して、未来を楽しみに生きましょうね。

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください