チャールズ・チャップリン的発想

【チャールズ・チャップリン的発想】

チャールズ・チャップリンの孫

ジェーズム・ティエレの二年前の取材記事を読みました。

https://realsound.jp/movie/2017/01/post-3760.html/amp

それぞれの国は

《笑い》に対する意識も、時代により変化しています。

チャールズ・チャップリンの心はどうだったのでしょうか?

あの時代に自らが道化師《ピエロ》になることで、自分ブランドを立ち上げ、

辛いことを経験しながら喜劇で多くの人に笑いを与えたのは本当に素晴らしいですね。

あなたはチャップリンのようなことはできますか?

たしかに
人は恥ずかしいとかバカバカしいとか色メガネで見てしまいがちです。

そんな勇気はない!と思うかもしれません。

しかし
チャップリンの奇想天外な自分ブランドは
人に笑われるより人を笑わせて喜んでもらったことです。

人はプライドというものが邪魔をして、ものごとがスムーズにならないときがあります。

恋愛、仕事など人間関係

接客業、製造業など業種に 関係なく、心から人に喜んでもらえることを楽しみながらやると、天運と共に繁栄していきます。

したがって
チャップリンのように人と違うことをするのが、後々の歴史に残る人物となるのです。

自分が喜んでできるものを

自分が自分を表現する為に

自分らしさを創造クリエーションする

そんな生き方

あなたはあなたを楽しんで生きましょうね💕

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください