パターンに気づく

【パターンに気づく】

自分自身の失敗したことを振り返ってみると、いくつかのパターンが繰り返されていることに気づいていますか?

自らご縁を切ってしまう

すぐにケンカ越しになる

その場の空気が読めない

相手の気持ちがわからない

かまってちゃんになる

真面目になったり
ふざけたりを繰り返す

本当の自分をさらけ出せない

仮面をかぶってしまう

我慢してしまう

人の意見を聞けない

反抗心がある

劣等感がある

など

出来事には必ず原因があり
それが結果となります。

人間は自分自身の過去世のパターンに気づき、学び、修正することが課題となっているのです。

その悪いカルマを断ち切り、良いカルマを増やし、自分のやってきたこと、言ってきたこと、してきたことを正していくのが人生です。

自分の人生での課題は何なのか?

何故、自分はすぐ怒るのか?
何故、自分は人に嘘やごまかしをするのか?
何故、自分は人を疑ってしまうのか?
何故、自分はいつもこうやって失敗するのか。

《自分はこうなんだ!》

と自ら線を引き、ブロックする。
課題は人それぞれが違う。

そのカルマのパターンに気づき
エンドレスに続く悪いカルマを断ち切ったとき

人生の舵が大きく方向転換し
運勢の波に乗り出します。

波乗りをするのに何度も同じ失敗を繰り返して、自分の弱点に気づき修正して再度チャレンジして大きな波を乗り越えることができるのです。

たしかに
その気づきに到達するまでには
たくさんの辛いことがあるし
別れもあります。

《自分はなんでこうなんだ!》

と壁を殴っても、ゴミ箱を蹴っても変わらないのです。

しかし
自分が自分を怒り続けて
怒りがいっぱいになったとき

ひとりで悩んで
ひとりで怒って
ひとりで泣いて
そのひとり芝居の自分に気づく

《アレ?自分ってひとり芝居やってるわ》

したがって
良くもなるも悪くなるも
またカルマのパターンを繰り返すも自分自身です。

同じことを繰り返すのか?

新しい自分になるのか?

そうやって毎日を生きていくのですね。

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください