男女における相対関係

【男女における相対関係】

〜夢愛物語〜第4回

学生の頃、母に言われたことがある。

お付き合いしている人がいい人なら

わたくし自身が良くなっていく。

お付き合いしている人が悪い人なら

わたくし自身が悪くなっていく。

たしかにそうだ。

お付き合いしている人を本気で愛しているならば、自分自身の身の回りの異性を整理して、私生活も仕事も全てが良くなっていく。

それは

相手と同じ心の魂のステージになっていくからです。

たしかに

恋愛期間は性欲を満たして、食事も会話も順調かもしれません。

しかし

自分自身の身の回りを整理せず、チャラチャラ異性と絡んでいては、いつかは火の元になっていくし、本気で愛していないのです。

自分の全てをさらけ出さずにお付き合いすると、あとからもめ事の元になります。

したがって

お付き合いしている相手は紹介されたりして会わなくても、本人の姿を見れば一目瞭然です。

だらしない人にはだらしない相手

キチンとした人にはキチンとした相手

嘘ごまかしの人には嘘ごまかしする相手

見栄っ張りは見栄っ張りの相手

怒鳴り散らし八つ当たりする人には

似たような相手

やる気が出ないのはやる気のない相手といるから

ステキな人にはステキな相手

立派な人には立派な相手

さて、今のあなたは?

同じような人同士が仲良くなる

心の魂のステージは

心を磨いてキレイにならなければ

素晴らしい人には出逢えない

自分の奥さん、旦那さん、

彼氏、彼女は

自分の姿である

全ては本気の愛か?

本当の愛なら

全てが良くなっていくのです。

Meeko

〜夢愛物語〜第4回

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください