信じていた人

【信じていた人】

あなたは信じていた人に裏切られたり、嘘をつかれたりしたことがありますか?

人生40年50年と生きている中で、そんなことがひとつやふたつはあるでしょう。

そのときはどういう気持ちでしたか?

腹が立ったでしょう。

怒り狂ったでしょう。

怒鳴り散らしたでしょう。

悲しかったでしょう。

そんな経験をして

そのときの

傷つけられた気持ちがわかっているのに

数ヶ月後、数年後、数十年後に

自分自身が

今度は人を裏切り、嘘をつくのです。

コレがカルマですね。

同じパターンを繰り返しているのです。

自分が経験して死ぬほど悲しんだのに、

人には平気でしてしまうのです。

かけがえのない人に裏切られ

信じていた人に嘘を言われた相手は

どう思っているでしょうか?

あなたが昔、経験して死ぬほど悲しんで、苦しんだ気持ちと同じ気持ちを味わっていることでしょう。

毎日、自分の胸に手を合わせて

心に問いかけてみましょうね。

自分を信じてくれた

かけがえのない人の気持ちを思うと

《あ〜!本当に相手は辛かっただろうな》

《あ〜!自分はまた人を悲しませたな》

《あ〜!あのときは自分も怒ったな〜》

《あ〜!あの時は自分も泣いたな〜》

と心から悔い改めができるようになります。

そしてその問題から逃げずに

謝罪をして相手の悲しみや苦しみを分かち合うことです。

それが繰り返さないカルマの法則です。

たしかに

会えないかもしれません。

話せないかもしれません。

しかし

それを勇気をもって

行動にすることで

カルマは解消されます。

そのことから逃げてしまう自分に

気づくことが大切です。

人を平気で裏切った自分

人を悲しませた自分

人を苦しめた自分

人に平気で嘘をいう自分

すでに過去のことだ!

っと逃げれば逃げるほど

相手は悲しみ苦しみ続けます。

それが近い存在ならなおのこと。

夫婦、親子、親族、きょうだい

親友、友人

自分を大切に想ってくれた人

自分を一番理解してくれた人

相手は辛く悲しんでいるでしょう

相手は怒っているでしょう

何故、相手は怒っているのでしょう

何故、相手は辛く悲しんでいるのでしょう

何故、誤解が誤解を生むのでしょう

お互い前に進みたいのに

何故、いつまでもその人とのことを

忘れたいのに

引きずるのでしょう

それは

その部分を逃げないで

学んで謝罪し信頼を取り戻し

解決しなさいよという

学びなのですね。

それぞれが幸せになるために

それぞれの人生が素晴らしくなるように

したがって

また同じカルマを繰り返すのも

カルマを昇華するのも

自分自身なのです。

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください