手土産と握手

【手土産と握手】

昨日の神無月 出雲での神様の御縁結び。

その続きをお話しますね😊

旧暦の十月十日

この十月十日には非常に深い意味があります。

人間がこの世に生まれるのは

十月十日《とつきとうか》と言われますが、日本国の国譲り まさに日本が生まれた時です。

全国の神様が一堂に会するこの日の夜。

なぜ夜かわかりますか?

それは満潮だからです。

赤ちゃんが生まれるのも潮の満ち干きが関係すると言われます。

自然分娩では引き潮ではうまれにくく、満ち潮の時に命は生まれやすいのです。

この十月十日は大変特別で宇宙の動きに合わせて神様達は集まります。

その時にその地方の神様は特産物を持っていきます。

それを秘密会議 サミットが終わると、懇親会《飲み会》で披露するのですね。

《わたくしの地域でこんなん新しく出ましてなぁ〜〜🤗大変珍しく美味しかったものですから、是非皆さん食してくださいましぃ〜〜☺️💓》

と全国手土産祭りのように繰り広げられます。

美味しいお酒と食べ物で

賑やかに宴が行われ

そこでの話題はその地域での出来事と食べ物、次の推薦する人の話などで盛り上がります。

貴方は人に会う時に手土産を持って行きますか?

神様の交流に欠かせない手土産は、神社でのお供えものとして大変喜ばれます。

だから神社にはお酒や食べ物やお金を奉納して神様達を喜ばせるのですね。

神棚やお仏壇などにお酒をあげたあとは、気が抜けていますね?

そうです。

見えない神様や御先祖様はお酒や食べ物の気《氣》

すなわちパワーを頂いてるのですよ。

お酒を飲んで笑い、歌い踊り明かし、日の出の頃には神様同士が握手をしてお別れします。

奈良県の三輪山にお住まいの大物主神《おおものぬしのかみ》

国づくりの神様を筆頭に、たくさんの神様達が握手します。

それはお互いの神様パワーを授受しているのですよ。

だから

人間も手のひらの真ん中に《手心》しゅしんというツボがあります。

読んで字のごとく

手は心と書きます。

握手は相手の心を受け取るのですね。

ビジネスマンで活躍する人や運気を高めたい人は手をとても大切にします。

自分より運気のある人

自分より収入の多い人

自分より様々な優れたものを持っている人

貴方も恥ずかしがらずに手土産を持って

実力ある人にどんどん会いに行って握手しましょうね♥️

そして神様達のように

笑って歌って楽しんで生きましょう❣️

Meeko

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください